昨日の話です。
朝から娘の離乳食に使うゆで卵を作成。

s-7280

娘の離乳食用に1個は15分茹で、残りの4つは7分で引き上げます。
4つのうち2つは朝ごはんに頂き、2つと固ゆでの残りは夕飯のタルタルソースにしました。
(算数の文章問題みたいだな…)


s-7278

ハニーマスタードチキン(大皿右)にタルタルソースをディップすると、チキン南蛮のような味わい。
わりとこれだけでお腹いっぱいなのですが、野菜が少々足りないのできんぴらごぼうを添えるなど。
普段はきび砂糖を使っているのですが、切らしてしまったので三温糖を使用。ちょっと甘すぎた…

s-7277


業務スーパーに売っている冷凍にんじん・ごぼうの千切り(500g)を使いました。ジャガイモのように暴騰していない限りはフレッシュな食材を買って使うのが我が家の基本なのですが、生鮮品を買い置きしておくのも限度があるので、ちょっとずつ冷凍ストックも用意しています。


***


話は前後しますが、昼間はW650の車検に出かけました。
雲行きは怪しかったものの、なんとか本降りになる前に帰って来れました…

軽自動車は「軽自動車検査協会」で検査を受けるのですが、126~250ccの「軽二輪」と車検の必要な251cc以上のバイクは、普通車と同じ「運輸局」での扱いになります。
うちは兵庫県東部なので近畿運輸局の兵庫陸運部。
車両の登録自体は管轄されている陸運支局で行う必要がありますが、今回のように車検の「継続検査」は全国の陸運支局で受検することが可能です。

ユーザー車検(使用者本人の持ち込みによる検査)なんてやる人はそうそういないのでしょうが、車検を受けるためには「独立行政法人 自動車技術総合機構」の予約システムを使って予約する必要があります。たしか10日前ぐらいから可能だったかな。

あとはオプティさんと同じく、書類を揃えてテスター屋で光軸チェック、書類の確認をしてもらって、検査場で手数料を納付して書類一式を受付に提出。確認の結果OKとなれば検査レーンに並びます。

テスター屋での光軸チェックも思ったよりスムーズに済み、他に直すところもなかったので検査場には受付開始30分前に到着。天気が怪しいからか検査レーンもガラガラだったので、ひとつ前の検査時間枠で並ばせてもらいました。

二輪の検査項目は

・車台番号照合→各部打音検査
・方向指示器・制動灯・警音器の検査
・スピードメーターの動作
・ヘッドライト光軸
・前後ブレーキの動作
・排気ガス検査
・総合判定


自動車はこれに加えて警告灯とかサイドスリップとか色々増えますが、基本的にレーンで検査官が説明してくれるのと、ほとんど自動音声と電光掲示板で何をするか教えてくれるので慣れてなくても大丈夫。自信がない時は「初めてです」って言えば1から100まで面倒見てくれます()
s-7279

コンディション良好、どこにも引っかかることなくアッサリ通過しました。
新しい車検証で走行距離を確認すると、2年前の車検から9,000kmほどしか走っていません。1年あたり4,000kmちょっとずつぐらいでしょうか。それまでの3年で30,000km弱…年間9,000kmペースだったので、半分くらいでしょうか。直近2,000kmは年末年始の静岡往復と突発名古屋が大部分を占めているので、つくづく「走らなくなったなあ…」と思います。これから先もっと減ってくるでしょうが、こいつは心の底から気に入って手にしたバイクなので、今後ともベンリィさん共々、細々と乗って行けたらいいなと思います。

一方、車の方は…妻が一括で買うお気持ちを表明したので、次の車検か重故障を目途に入換か、主役交代か…車両の状態を見ながら決めることになりそうです。塗装ハゲまくった10万キロ超えのボロだから売れる見込みもないしな。
今後あたらしくMT車を並べて置くほどお財布事情は豊かではないので、できるだけいい状態のまま長く乗ってあげたいです…



さて投稿ボタンを押そうとしている今この時間、19時17分。
夕方に離乳食で使った豆腐の余りを使ってパンケーキを作り、おなか一杯食べてしまったので全然お腹が空いていません。どうしよう…