先日の記事でお伝えしました「ゆるキャン△梨っ子号」でありますが、乗車を終えまして現在はこだま669のグリーン車でまったり帰途についております。
 乗車記はやたらと長くなりそうなので、車中で書き上げられる程度のネタから消化していこうかと思います。まずは甲府駅近くで食べた「ほうとう」と、周辺の散策について。鉄分高めですがどうぞお付き合いくださいませ。


404df484.jpg


※券面記載事項が不明となった乗車券類を使用したり、
 乗車券類を偽造することは禁止されています。
ゆるキャン△梨っ子号の乗車を終え、甲府駅に降り立ちました。
IMG_8521

 駅構内の細かいことはとりあえず置いといて、山梨県名物の「ほうとう(山梨市中心部では「おほうとう」とも呼んでいるようです)」を食べに行きます。
 事前に下調べしておいた「小作」へ向かいます。チェーン店ながら話題を呼んでおり、とりあえず体験してみるなら間違いないだろうと思って決めておいたお店です。甲府駅から北口を出て1分歩くと、すぐに店の名前が飛び込んできます。


2527a240.jpg



小作ずら!

しかしまぁ…

f3b67177.jpg


 チェーン店らしい平屋建てで大きな駐車場でも構えているのかと思いきや、なんと6階建ての大きなビルディングまるごと小作なのでした。すげぇ…2階に通されて豚肉ほうとうを注文。嫁は鴨肉ほうとう。
IMG_8495

 そもそも「ほうとう」というのは山梨の郷土料理で、平たい麺が一般的ですが、麺を使わず穀物を入れる「すいとん」スタイルのものもありその形は様々のようです。汁はみそ仕立てで、塩気が強めのみそに甘いカボチャを煮溶かして作られるのが基本の形。他にも汁粉のような小豆汁にほうとうの麺を入れた「あずきほうとう」や、夏場に供される「冷やしぼうとう」もあるようですが、本日は一般的な、味噌味に平たい麺が入った「ほうとう」を頂きました。一人前が結構ボリューミー、根菜がごろごろ入っているのでおなかいっぱいになりました…腹ごなしに甲府駅周辺を散策することにし、歩き出します。


 さて甲府駅は、富士から伸びる身延線の終着駅であり、中央本線の途中駅でもあります。山梨県内では最も利用者の多い、JR東海とJR東日本の境界駅です。
 その境界はというと、身延線を富士方に300mほど歩いたところになるのですが、境界標が見つけにくいからなのか、はたまた境界標という形で存在していないからなのか、事前情報は「静岡方にある場内信号機付近」ということしかわかりませんでした。

 会社間境界ということは駅と駅の間ですから、停車場境界かな?などと考えつつ、その定義である「最外方の場内信号機」もしくは「停車場区域標」を探せばおのずと見つかるだろうか…などと考えながら、身延線沿線を逆行します。
 寝不足にはつらい徒歩移動。梨っ子号もイベントが一通り終了した最後の30分ほどは寝落ちしてしまったので、疲れが顕著に出ております。早寝しとけよ俺。


28e8638a.jpg



うろうろ歩いていると停車場区域標を発見。しかしこの地点にも、ここまで歩いてきたところにも会社間境界は見当たらず。中央線側を歩いてきたので、今度は身延線側を合着きながら戻ります。

b55744c4.jpg


※鉄道用地外からズームしています。画像中央左下あたりにあるのが最外方の場内信号機。気づけばとっくに通り過ぎていました。


6bed1c5f.jpg

94e4fb50.jpg


 これは同じ道路をまたいでいる橋ですが、身延線の線路と中央線の線路で管轄が違います。身延線側はJR東海、中央線側はJR東日本の管轄。自動車が衝突した際にはどっちに連絡するか迷ってしまいそうです…
 身延線側がJR東海の管轄ということは、会社間境界があるとすればこれよりも甲府駅方にあるものだと推測しながら、キョロキョロと線路をたどって歩きます。時折背伸びしながら歩いていると…あった!場内信号機よりも少し内方に、会社間区域標が立っています。
cccc0708.jpg


 黄色い柵の近くに立っている白い標識が、会社間境界。富士方はJR東海静岡支社の身延工務区、甲府方はJR東日本八王子支社の甲府施設区が担っています。


44cc6ae0.jpg

de80dd4c.jpg

67c5be22.jpg


 鉄道に興味のない人がこの記事を読んでいるかどうかはわかりませんが、JRというのは国鉄が分割民営化されたもので、北海道・東日本・東海・西日本・四国・九州・貨物の7社で成り立っています。会社の構成としては後発のネクスコに似たものがあり、それぞれグループとして共通の名称を冠しながらも、各会社を統括する親会社は存在せず、制度や路線はつながっていながらも、各々は独立した会社として経営しています。線路が繋がっていても会社は分割されるわけですから、どこかで境界を作らねばなりません。それがこの会社間境界で、西の方から博多・小倉・下関・米原・亀山・新宮・上越妙高などにあります。会社間境界はJR時刻表に載っているので、この先長い人生で万が一にも見る機会があればちょっと覗いてみてください。



 というわけで甲府編でした。現在名古屋、もうちょっとグリーン車に揺られて新大阪まで一休みしようと思います。zzz

9b07a1ac.jpg