こんばんは。まずはお知らせです。
パスワードを開設当初のものから変更しました。今後しばらくは月イチの頻度で変えていく予定です。フォロワー様の変動に従い、定期的にフィルタリングをかけていくことでパスワードの有効性を高める、というのが目的で、その時その時フォローして頂いている皆様について特に大きな影響はございませんので、ご心配なく。誰も心配してないかw
今後は新規投稿ツイートにパスワードを記載するようにします。ブログ全体にかけるパスワードですので他の記事を閲覧するにあたって都度別の文字列を入力する必要はありません。

ほんで開設当初のノリはもう忘れましたが、かつてブログがメインだったころのように今後は短い頻度で更新出来たらなぁと思っています。月2回目標と言っていましたが大幅な上方修正ですね。
育児休業となって、緊急事態宣言下にあるうちの地域では不要不急の外出が制限されており、仕事も遊びもなく、家族3人で過ごす日常を記録もせず終わってしまうのはなんとも勿体ない気がする…というのと、復職までに育休1年取ってどうだったかな?というのを少しずつまとめるためのキッカケにしようと考えています。あと300日ほどありますので、書き溜めて読み直して、大きなまとめ記事を月2回ほど投稿できたらいいなぁ…というのが理想です。あくまで理想。Twitterの居心地がよかったせいかしばらくまともに長文書いていないので。

私の職場は全従業員15人程度ですが、会社全体で見ると3万人(から減少傾向)、グループ60社を抱える巨大組織。にもかかわらず、男性が育休を1年取得したという話は社内誌の育児特集でも見たことありません。男性で産後1~3ヶ月とか、女性で1人当たり3年×3人でほぼ連続して9年お休みとられた方は同じ職場におったんですが…
育休取得した男性の先輩方も「休みだからってパチンコ行くなよ、飲み歩くなよ!うちはそれで離婚しそうになったからな!」というような縁のないアドバイスがほとんどで何を参考にしたらいいのか。


そもそも男性育休の取得自体、公務員ですら進んでおらず。
職場に穴をあける、仕事を忘れてしまう、昇進が遅れるなど職務上の理由もありましょうが、そもそも就業規則上ほぼ無給になることが多く、経済面での不安も大きな一因になっていると感じます。
以前ちょろっと書きましたが、雇用保険給付は休職実績をもとに給付されるので、休職から給付までに2か月の間があり、さらに休職2か月ごとに申請しなければならないなど、ひたすら面倒で貧乏。給付が始まるまでの資金繰りがまた大きな障壁です。一時金でも課税対象でもいいから、1ヶ月分くらい先払いなり補助なりしてくれれば、もう少し育休取得もしやすくなるでしょうに。

幸い私には出世欲もありませんし(会社から提示されているキャリアパスから1~2年遅れて進めたらいいやーくらいの気持ち)、ちょうどそのキャリアパスの大きな節目でタイミングよく休めることになったので、せっかくだから1年まるっと休んで家庭に専念させていただこうということで、そのメリットを最大限に感じながら過ごした結果を少しでも職場に、会社に還元出来たらな~と思っています。
お時間と広い御心の許す限りで構いませんので、バカ親でノロケ全開かつたまにオタクくせぇ26歳児の戯言にお付き合いくださいませ。



さて久しぶりにパソコンをあけています。前回の投稿から開けていませんので本当に久しぶり。
ノートパソコンって開くといつまでもつけっぱなしなんですけど、たたんで隅によけてしまうと中々開かないのはなぜでしょう…ちょっと前は、インターネットを使うのならパソコンのローカル回線を用いた方が高速かつ大画面で見やすかった(=フルブラウザとかPCブラウザとか言ってました)のですが、スマートフォンが大きくなり、モバイル回線も高速化して、随分と環境が良くなりました。なんなら現在はSoftbank Airを使っているので、パソコンもモバイル回線で接続するようになっています。テレビも然り…というか、テレビがネットにつながるような時代になったんですね。もう数年前の話ですけど。

昔はパソコンじゃないと開けませんっていうサイトが圧倒的多数でしたが、今は逆。スマホでしか申請や登録ができなかったり、いやそもそも表示できなかったり。

1990年代からgifアニメーション(gif89a)が使われるようになり、私の幼少期にはflashよりずっとずっと活躍していました。フィーチャーフォンの時代には「flash」が壁紙でもブラウザでも台頭しましたが、遂にそのflashも使命を終え、ゾンビと化しました(※)。flashよりも歴史の長いgifアニメーションが生き続けているのは、ライセンスフリーか否か、別のアプリケーションが必要か否か…という点でしょうか。 
※flashは2020年12月にサポートを終了したが、アップデートしなければ実行が可能である


小学生の頃、掲示板が流行っていたかな?何かの小中学生向け雑誌でteacupの存在を知り、続いて同社が運営しているブログサービス「Autopage」の存在を知りました。掲示板の開設が11歳、次いでAutopageを開設したのが12歳の頃だったか。15年前、2006年頃のおはなしです。
その後まもなくしてfc2に移転したり、fc2内でさらに移転したり、まぁ色々事件があって閉鎖したり警察沙汰になったり(※被害者)
脚色も病みもひどかったので昔をご存知の皆様から今更掘り返されるのは本当にご勘弁願いたいのですが、ブログで長い文章を書くことは、大学生1回生頃、教養科目でレポートを書き上げるところまではとても役に立ちました。その後は…(略)


確かmixiやTwitterを使い始める2010年頃まではパソコンの前に座っている時間の方が長かったのですが、携帯のテンキー操作になれてくると、フィルタリングのかかるサイトに限ってパソコンを使うようになり、のちにiPhoneになるとフィルタリング自体なくなった為、モバイル端末の自由度が増し、パソコンはますます後退していきました。サポート終了までWindowsXP(とWindows2000 SP4)を使っていたのですが、ほぼほぼゲーム機に成り下がっていました。モバイルは3Gプラチナバンド+4Gの時代で、サイトがモバイルに対応するのが先か、XPのサポートが終わるのが先か、という状態。

浪人生の頃はマンションが光回線に対応していなかったため、大家さんに許可を取って個人プランの光回線をわざわざ敷設しましたが、もっぱらスマホ用…
大学生になり、WindowsXPのサポートが完全に終わってしまうと、もう年2回レポートの時期だけ立ち上げ、USBに落としてから学校のプリンターで印刷するようになりました。パソコン離れ加速。
Windows7の筐体を叔父に譲ってもらったものの、レポート作成中にWindows8に自動アップデートされ、レポートが消滅してからはトラウマとWindows8の使いにくさから途端に熱が冷め、ほぼ休眠→バックアップを取って解体。

4回生で縁あって情報科の教授にノートパソコン(2017年モデルのDELL inspironだったかな?)借りてから再燃。テザリングオプションに加入したのもきっかけですが、バイトの休憩時間を使ってブログの更新頻度がちょっとだけ上がり、学生支援の講師、謝恩会のサンクスムービー作成、歓談のBGM再生など、持ち運ぶ便利さを23歳にしてようやく実感。あとフリックがめんどくさくなった。指が痛くなると本業の支障にも。社会人になってからパソコン買うわーと意気込んだものの、マトモに使える筐体を買ったのは2019年冬のボーナスでしたね。
結婚して仕事に追われながらたまの休みをツーリングやドライブや鉄道旅行や鉄道旅行や、あと鉄道旅行に使っているとパソコンを買っても開けてまったり更新している暇は長距離移動中の待ち時間ぐらいしかないもんで、あとネタもそれぐらいしかないもんで
仕事のことを書こうにもネタになる話は書けないことが多すぎて記事にならんのですよね。そのうちに発信する事柄もなくなって更新止まってしまうという、つくづく趣味の乏しい奴だなあと痛感しますね。
音楽しようにも職務上立場が危うくてこの1年一切音出しできてません。「このご時世」ほんとひどい。

COVID-19の話なんかもう飽き飽きしとるんですわ。皆さんもそうでしょう。言いたいことの山ほどあろうが、マスク拒否おじさんの話を持ち上げてから、もういいかなあと思うようになりました。
そういえばあの人逮捕されてましたね。Twitterでも申し上げましたが、こちらでもこれだけは言っておきますよ。あの人はマスクを拒否したから逮捕されたわけではなく、罪を犯したから逮捕されたんです。騒動を対処しきれない空の上でパニック寸前のトラブルを起こし、クルーに対して暴力を働いた罪は重い。

そんなこんなで大したネタもない日々を過ごすうちに数年たってしまったという、更新をさぼっていた言い訳でしt


明日から1月下旬のことと、日々のことと、ちょっとずつ更新していきます。がんばります。がんばりますよ?最初は短く終わってしまうかもしれませんがどうぞよろしくお願いいたします。








で、とりあえず昨日、もう一昨日になっちまった。2月7日のおはなし。


ここのところ娘の夜勤(夜中に起きて授乳すること)が皆無です。私も5時前に起こされて、そこからルーティーンを終えれば朝食作るまでだらだら起きている感じ。
うちは母乳からミルクへ切り替え、既に100%ミルク育児(育児界隈では完ミと言うようだ)になっているので、夜は6~7時間を限度に起きるまで寝かせています。出勤日は4~5時間しか寝ない私にとってはゆっくりできてありがたい限り。たとえ12時に寝付いて4時に起きたとしても、泊まり勤務の仮眠休憩とそう変わらないのでそれほど苦にならず。

早く起きても洗濯やゴミ出し、朝食の用意など、家にいて朝やることは望まなくてもそれなりに用意されているので、からだを動かして目を覚ますのが日課になりつつあります。その代わり昼間思いっきり手を抜く。朝食終わって軽く片づけたら、あとはしばらくウトウトしてますね。
昨日はホットビスケットの材料を計量しておいたので、朝の授乳を終えたらそのままキッチンに向かい、焼成。
最近ハマってます、ホットビスケット。粉類さえきっちり混ぜて、生地がひとまとまりになっていれば、あとはテキトーでもそれなりにちゃんと焼けます。

材料
薄力粉 190g
全粒粉 60g 
 ※強力粉タイプでも可 なければ薄力粉250gで良い。
BP 大さじ1
きび砂糖 大さじ3
塩ひとつまみ
発酵バター 90g
 ※刻むのでチルド室に入れて冷やしておくと良い
卵S~M1個+牛乳で120ml

牛乳に乳清(ヨーグルトの上澄みor水切りヨーグルト作った時に出る水分)を混ぜるとちょっとさわやかな味わいになりますよ。水分量は同じように、卵とあわせて120mlになるように。
季節や小麦粉の水分量によって加減すると、よりおいしくできます。

作り方は超簡単。
①粉類をボウルにぶちまけて泡だて器ですり混ぜ
②オーブンを180℃に予熱。
③粉類にバターを細かくして入れ、つぶすように混ぜる。
④ほろほろの砂状になったら溶き卵と牛乳を合わせた液を流しいれ
 手でざくざく混ぜていく。
⑤ひとまとまりになったら、粉っぽさが残ったまま打ち粉をしたオーブンシートの上へ。
⑥折りたたむように3~4回混ぜ、2cm厚で型抜き。7~8個抜けるかな?
 あまり生地も折りたたむように混ぜてテキトーに成形。
⑦予熱したオーブンで15分焼けば、完成。

折りたたむように混ぜるっていうのがきれいに膨らませるコツ。割れやすくなります。食べるときに横にサクッと割って、はちみつやジャムを塗って食べると美味いんですわコレが。1日家にこもっていると昼食を食べるほどのエネルギーが消費されないので、朝8時~10時ぐらいの朝食から、概ね5~6時間空けておやつにこれを食べます。ほぼ日課ですね。

ビスケットの焼成が終わったら、フルグラとヨーグルトとバナナで朝食。
お昼が遅くて軽いので、しっかり食べます。
朝食を片づけたら横になってしばし休息。買い物の予定があればおやつの前後ぐらいに出かけるのですが、昨日は特に出る用事もなかったので、外出を控えておうちで社内のWebスクーリングを受講したり、久しぶりに開けたパソコンでニュースを巡回したり。

夕方、久しぶりにコーヒーをいれました。結婚祝いにもらった手挽きのコーヒーミルで、マンデリン・フレンチをゴリゴリと中細挽きに。クセは強いが香り豊かで、ホットでもアイスでも、ラテでも美味しく何にでも合います。
ビスケットに紅玉ジャムを塗って遅めのおやつ。


夕食。だいたいキッチンに立つのは18時~19時頃でしたが、この日は手抜き。
数日前から仕込んでいた煮豚と煮卵をいつ使ってやろうかと考えているうちに煮詰めすぎてちょっと焦がしてしまったので、もういいかとマルタイ棒ラーメン(とんこつ味)にスライスしてありったけぶちこみました。
ちょっと前に作ったショウガあんかけにきざみネギを混ぜてもう一品。
授乳のタイミングをよく考えないといざ食べるときに「フェェッ、ヘエエェッ」とぐずっちゃうので、ラーメンはリスクの高い献立でしたが、伸びないうちにうまいこと胃袋に収まりました。

お風呂上がりの耳・鼻掃除は娘にメッチャ嫌がられる上、次の授乳で顔をみてくれない・見ると泣き出すという悲しい役回りなのですが、この日はまったく泣かず静かに終了。いつもはギャン泣きなので、あとから風呂を上がってきた妻に「生きてる?」と聞かれるほど 笑
穏やかな時期を過ぎると間もなくしてメンタルリープ(急成長時のぐずり期)がやってきますが、長くなりすぎたのでその話はまた次回にしましょうね。8日の話も起きてから書きます。ではでは。