旅夫・鉄嫁・育休中

かえりの距離を考慮せずに旅に出る夫(27)鉄道大好き嫁(23)とVVVFに胎教された娘(5m)。 夫婦で1年間の育休を取得し、3人暮らしスタート!

2021年04月

突然の「父親これは気をつけろ」ポイント(思いついた順)


●うちは夫婦で育休を取り、ふたりで育児に携わることが基本です。
ふだんは家事も育児も分担し、どちらかに過剰な負担とならないように心がけて生活していますが、たとえば奥さんが重い産褥期を過ごしたり、ぐずり期でまったく父親の世話を受け付けてくれなかったりと、たとえ分担していても家事・育児のウェイトが一時的に偏ってしまうことは覚悟しなければなりません。なんでもこなせるように妊娠発覚前から訓練を。わからない事は教わろう。

●母乳・混合・ミルク育児、それぞれの育て方があります。授乳について父親側の参加できる度合は異なりますが、パートナーとしては産みの母である奥さんの意向を尊重し、できる限りでサポートするべきでしょう。母乳育児を強いたり、意に反してミルクを与えるような権利は父親にありません。

●父親という役割を赤ちゃんが認識するまでには時間がかかり、時にはミルクや抱っこを受け付けてくれないことがあります(パパ見知り)。これは育児への参加度合いによっても変わるようですが、だからといって子育て全てを投げ出すことなく、笑ってくれるタイミングを大事にしたり、どうしても向き合えない時は身の回りの家事をこなすなど、できる限り家庭がスムーズに回るよう努めるべきです。親の役目は誰も代わってくれません。

●ふたりでやっていることをひとりでこなす、ということは仕事量が2倍になるわけですが、実際の疲労はそんなもんじゃありません。休憩時間も短くなるので、疲労は累積し、疲労に疲労を重ねるとそれは単純な倍ではないし、回復も時間がかかります。
自身がリフレッシュのためにたまの外出をするにしても、仕事で日ごろ家を空けているとしても、育児が決して楽なものだと思わないことです。子どもの機嫌も日によって良かったり悪かったりするもの。「メシこんだけ?」「家片付いてなくない?」「1日なにしてたの?」などの無責任な追及は禁句です。


*****


というわけで(どういうわけだ)4月27日は妻に育児”の”休業を提案し、私ひとりで朝食後から夕飯まで家事にあたりました。いわゆるワンオペというやつですが、先日も申し上げたようにあまりにネガティヴなイメージが大きいのでここではワンオペと言いません。むしろ単独で家庭を回すことによってフォースフィードバック(自身に対する身体的・精神的評価)を受け、互いの苦労について理解を深めるポジティヴな経験であり、そもそも休業日の設定も私から提案したことですので、とりあえず単独業務という呼び方でいきましょう。


******


まず朝は7時半に起床。いつもよりちょっと遅めですが、洗濯機を回し、久々にフルグラ・オートミール・牛乳・バナナのセットで朝食を用意。妻は1日お出かけ(をしているという設定で、飯の時間以外「いないものとして扱う」)なので、その前に朝食を摂ってもらいます。
妻には「8時までに起きなければ朝食は出さない」 という休業日らしからぬ設定を予告していましたが、これは私の母が休日平日を問わず兄妹にずっと言っていた「片付かへんから早よ食べて(⇔食べなければ片付ける)」という家族ルールに準拠したもの。そう、台所を統べる者は飯のタイミングもコントロールするのであります。

朝食を終え、とりあえず流しに食器を漬けたら妻は外出(したことになっているが、実際は真横で机に座り作業をしている)。私も自室でブログを更新しつつ娘の起床を待ちます。
以下、Slackに残したメモを参考に時系列構成。

***

9時56分 娘起床
オムツを換えてミルク180ml用意。
以後オムツ交換は省略しますが、計4回交換しています。
起床時から機嫌はよく、ミルクも半分は順調だったのですが…
 
10時56分
60ml残して寝落ち。布団に寝かせる。
自室で為替のチャートをしばらく眺め、給与控除できない支払い分の振込作業をパソコンでカタカタ。
撮りためたテレビ番組を消化しつつ、来月の支出を再計算し、車検を期限ギリギリまでもたせれば休業給付でしのげることを確認。
午前中はあまり手がかかりませんでしたが、ここから先はくそ大変よ。
たいてい午前中の方が機嫌が良いので、雑務は午前中、子どもが寝ている(寝かせている)間に片付けておいた方がベターでしょう。


12時10分
娘が寝返りを打ってドエライ姿勢になっていたので、そっと仰向けに戻す。
再度の寝返り防止にタオルを丸めて並べ、消灯。
しばらく寝相が気になったので同室待機。
起こしたくないので食器類の片づけは後回し。

12時37分 同じ作業
思わぬケガや窒息を防ぐためにもほったらかしにはできませぬ。
台所に向かってコンロに弱火を灯し、鶏がらのホロホロになった肉片をこそぎながらスープを加熱。
小骨を取り除いたら醤油を少々加えます。

13時08分 とりあえず間食
先の鶏ガラスープに小葱を添えて。
ほとんど栄養はありませんがあったかいものでお腹が満たされます。エネルギー15kcal。
飲んでいる間に娘が起床。ミルクを180ml用意します。
1時間粘ったがグズり出して一気に飲み切れず。
ゲップも出ないので一旦寝かしたもののすぐに起床。
しばらく遊ばせてから消費期限ギリギリ(2時間)で完飲→15時07分


15時12分 娘起床
間食じゃ足りねえ、と飯を用意するべく布団を脱出した瞬間に娘起床
グズらないようにプーメリー出動、遊んでいる間に朝の食器を片付けて飯の用意。妻はいらんというので、自分の分だけせっせと用意しましょう。

トマト・きゅうり・ゴーダチーズ・ハムを交互にはさみ、
ブラックペッパーとクレイジーソルトを振り、レモン汁を少々ふりかけます。

s-PXL_20210427_063037039

作業時間15分の名もなき料理。
チーズは飽和脂肪酸多いので量はほどほどにしましょう。
(チーズだけで言えば3人前くらい使ってます。食べすぎです
あとは適当に賞味期限切れそうな豆腐300gをあけて削り節・ネギ・ごま油ドバァ。
鶏ガラスープと合わせても摂取カロリー500kcal未満(推定)でした。

食べている間娘は隣におすわりさせていましたが、終始もぞもぞ脱出を試みていたので早食いで片付けて食器はとりあえず流しへドン。片付けるのは晩飯前でいいや。


16時30分
消化されつつあるミルクの溢乳を3発かましてトシャい香りに包まれたハラヘリ娘。
ミルク180ml用意。
夕方になるとご機嫌ななめであんまり素直に飲んでくれず。あやしながら飲ませるも足腰が耐えられずに度々休憩。パパ見知りっぽい感じではないことだけが救いです。

授乳姿勢が想像できない皆さん。ホテルのベッド(マットレス)の上であぐらかいて上下運動してください。
毎度少なくとも30分、長い時は1時間くらいそんな感じです。ほぼ毎度です。
腰がしにます。イカれます。

パパ見知りで全く受け付けない間、ミルクを妻に任せてしまった罪悪感はこういうところで毎回痛感します。あと車運転すると右手首がジンジンするし腰はもれなく痛い。程よい分担が大事です。


18時30分 20ml強を残して寝落ち
私もちょっと寝たいが、自治会の役員同士で話があるとかで訪問の予告が来たので、
「娘寝かせたところなのでうちの前でLINE送ってくれ」と伝えて待機。

18時40分
どうやら別の役員への用と間違えていたらしく私は予定消滅。
ほぼ同時に娘起床。あまりを10ml飲んで寝落ち。
冷蔵庫を開けて夕飯の献立を考えます。本来朝のルーティーンですが、今日は雑務が多かったもので。


19時04分 娘起床
夕飯の用意をする時間ですが、完成してもミルクが先になるので下準備だけを進めます。
野菜を刻んで、油と香味をフライパンに配置。
本日は麺類(麦とろ麺とかいうやつ)なので、茹でる時間だけ立っていれば済むようにちゃっちゃと用意。ミルクにどれくらいかかるかは娘次第なので。
昨日の記事に書きましたが、麺類は茹でるタイミングを間違えると子守りの間にふやけて臓物のようにデュルデュルになってしまうので注意が必要です。育児終えずに麺食うな。
もちろんミルクのタイミングだけではなく、起きていても機嫌が悪くてずっとぐずっている時にもそれをほったらかして麺など食えません。もし食べるならギリギリまで見極めて慎重に。


19時45分 ミルク180ml用意
お腹はすいているのかものすごい勢いで飲み始めましたが、疲れも早く出てきた模様。100ml飲んでからが超スローペース。

20時40分 120ml飲み、寝落ち
全部飲ませるのは諦めて夕飯の用意。
置いてすぐ起きてしまったのでプーメリー出動。
寝かしつけるのも諦めて大急ぎで夕飯の用意。
作業時間20分を目標に、ドタバタと動き回ります。

20時58分 夕飯完成 とりあえず業務終了
本日は鶏ガラスープを使った煮麺風、昨日のタケノコの残り、チンゲン菜とツナの炒め物。
もう一品作りたかったのですが余力がありませんでした。勘弁して。
存在感を消していた妻を呼んで、単独業務はこれで一区切り。

s-PXL_20210427_115831492

麦とろ麺の煮麺風、チンゲン菜とツナの炒め物、昨日のタケノコ炒めの残り。

食後は残りのミルクを飲ませ、娘をふたりで風呂に入れて、風呂あがりのケアをして、妻が上がってきたタイミングで洗い物。最後の寝かしつけは妻が率先してやってくれたので自室で少し休憩…のつもりが、タタミで5時間寝ていました。


******


というわけで、つかの間の単独業務でした。いつもより疲労は溜まりましたが、そんなもん、我が子だし。これはこれでと割り切って動ききりました。変に力が入っていたのか今日は筋肉痛に苦しめられておりますが、休んでいる場合じゃあありませんので。昼過ぎまでご機嫌斜めの娘と格闘しておりました(妻を探して暴れはじめたので見事惨敗)。

今回に限らずこれまでも何度か妻に休業日を設定し、行きたかった所へ出かけてもらったり、私が逆に娘を連れて外出するなどしてリフレッシュをしてもらいました。
今後そのうち…いつかは具体的に決めていませんが、いずれ私にも休業日を設定して頂けるということも期待しつつ、但しその休業が過剰になることなく、有意義な日数設定になるように「どちらかが完全に手を止める」ということがどういうことか、というのは夫の側から定期的に知っておく必要があると思っていますので、今後も妻の希望に合わせて単独業務を入れていこうと思います。子どもは月齢が進むごとに様子も行動も全然違いますので。
ひと段落したら私もお休みを頂こうと思っていますが、もうちょっと先かな。



私がどれほど手のかかる子だったかは分かりませんが、母は時に働きながらこれを3人分、姑に泣き声がうるさいの飯がまずいのと小言を言われながら一人でやっていたかと思うと頭が上がりません。歩けるようになってからは父がよく遊びに連れ出してくれていたようですが、産後すぐに始まる乳児期の激務は想像を絶する苦痛だっただろうなと思います。
妻の妊娠が分かった頃、同じ会社の遠い先輩が「育児がそんなに偉いんか」みたいなことを仰っておりました。勿論望んでもうけた我が子であり、育児に携わるのは当然の義務ですが、2人で分担してもなお、仕事よりずっとずっと体力を食われる育児。偉いと言うのはちょっと違う気もしますけど…全国の子育てしている親の皆さんすごいと思いますよ。労われるべき行為だと思います。
(あらかじめ申し上げておきますけれども、「自分の子だろ、育てて当然」とかいう低い次元の話じゃないですよ。んなこたあわかっとらぃ。)

ほんで、男性育児を褒めてくれとかそういうレベルの低い話でもありません。しんどいから当たり前に支え合っていこうねっちゅう話です。
父親は母親に比べると子育てに対して意識が向きづらいということもありますので、まずは生まれる前から、家事を分担することを初めてみてはどうでしょうか。意外と大変ですよ。

おはようございます。現在午前9時15分。
昨日は録画番組の消化が進まないまま夜になりました。娘の授乳が微妙なタイミングになってしまったので、夕食も予定より1時間半遅れての完成に。だいたい20時~20時半くらいにできるように計画しているのですが、結構な確率でずれます。(ずれると思って作っています)

私は元々泊まりがメインで休憩時間も緊急の対応に駆り出される程度のお仕事なので「職場で麺を食べるな」とよく言われていました。子育ても割とそうです。育児現場で麺食うな。
どうしても食いたい時は汁物を避ける、授乳タイミングを見極めるなどしないと無事死にます。たっぷりお湯を吸って臓物みたいになったどん兵衛とか泣けますよ。

で昨日は愚かにも麺類(フォー)を計画していたのですが、幸い麺を茹で始める前に娘のハラヘリコールが始まったので中断して調乳。飲ませている間に妻に動いてもらって、牛肉の解凍と下茹でしたタケノコの水洗いが同時進行。残り30ml弱になってイヤイヤしだしたので、ある程度のところで諦めて調理スタート。

牛肉とタケノコはマイタケと炒めてネギミソ和え。


s-PXL_20210426_125048926

半日かけて取った鶏ガラスープはレモン、パクチー粉末を加えてフォーのスープに。
お手製サラダチキンを薄く切って、小口切りのネギを散らせば完成です。


s-PXL_20210426_125046431

本格的なフォーをあんまり知らんのでテキトーです。
臓物になる前に無事食べ終えました。

夕飯を食べながら「セブンティウイザン」のNHK版を見ていましたが、生まれたてのはずの娘にが妙にカサッとしていたり、首がしっかり座っていたり、しっかり朝一さんのほうに目線を向けていたりとドラマの赤ちゃんあるあるがよく見えましたが、原作のおもしろさも随所にちゃんと含まれていて3回では足りないくらいのボリュームでした…と思ったら完全版全8回をオンデマンドで配信しているんですね。消化できそうなら見てみるとしましょう。


*****


さて日付変わって本日27日。妻に日ごろの疲れを癒してもらうべく休業日を設定したのですが、緊急事態宣言下で、かつヒノキ花粉・黄砂もまだ飛散激しいこの季節ですから、休業としながらもステイホームで「いないものとして見てくれ」ということだったので、夫婦でいながらひとり体制で家庭を回す、なんだかヘンな状態の育児がスタート。

しかし…



いないはずの妻「っぶし!っぶしゅ!」

確かにそこで寝ている娘「ンン…」


おい。

おるやんけ。

そこに おるやんけ。


いないはずの妻の存在が見えてしまう娘は、果たしてパパ見知りをせずに1日終えられるのでしょうか。
とりあえず娘が寝ている間に朝食と洗濯が完了。夕飯ができるまでの残り11時間、ひとりのつもりでふたりのルーティーンを回していきます。



つづく!(知らんけど)

ちゃんと②で記事を書き始めました。ほめてほめて

こんにちは。
昨夜ちらっと触れましたが、復職に向けた会社の定期面談が緊急事態宣言のあおりを受けて中止となりました。
相変わらず人員削減や給料を支払っての休業(帰休)、また拘束12時間の長い日勤シフトを9時間に減らしたり、紙媒体のデジタル化を進めて裏紙をメモ用紙にしたりするなど、必死の経費削減を行っているようですが、ぶっちゃけそんなもので取り返せるほどかわいい赤字じゃないんですよね。潰れるんとちゃうか、弊社。
一応は接客メインの現場だったので、仮にスタッフが感染すれば負担が増えるどころじゃありません。飲み会や密室での会議は避けましょう、残業も最低限にしましょう、昨年のこの時期からphゼロかってくらい口すっぱく言われているので、1対1の面談はまたしばらく無理でしょうな。
オンラインでやんなさいよとも思うのですが、多分労働と見なすかどうかの法的な兼ね合いがあったり、設備の問題があったりと色々コストに見合わない事情もあるのでしょう。テレワークの環境ぐらい本社に言えば整うのでしょうが、そこまで整備するほどの面談でもないと言うのなら別にいらn

ごほん。
そんなこんなでただでさえ少ない「必要な外出」もひとつ減り、引きこもりが加速してしまう今日この頃。冒頭に「こんにちは」なんてつけたものの、既に夕飯の用意を始めております。
録画の消化も宣言通りにいかなかったので、さてどうしようかな。とりあえず日記の続きから。


*****


24日(土)、予定していた大宮日帰り旅行を予定通り決行しました。
ただし、ほぼ予定通りに進んだのは最初だけでした。


s-IMG_2166

快速電車を待っていると、接近放送がかかる直前で急停止。
遠くてよく見えないが、無謀横断でもあったのかしら…?と待つこと10分。どうやら新長田駅で人身事故が発生したらしく、その防護無線を拾って緊急停止したのだと思われます(天気が悪いと無線の電波が離れたところまで飛ぶことがあるらしい)



女性は左足に重傷を負ったものの(どの程度なんでしょうかね)身体は線路の間に挟まって無事だったとかなんとか。


ほんで約15分遅れて列車が到着。妻が入念な下調べで手配したN700S運用の列車には間に合いそうもなかったため、後続のN700A X編成へ乗車することに。


s-PXL_20210423_225434115

こっちはこっちで700Sの置き換えによって廃車が進みつつある編成ですので、乗車するのも今後貴重な機会になってくるかもしれませんね。
車内でオムツ交換をしたのですが、寝心地が悪いのか(悪いだろうな)早速泣き出してしまい、座席で待っていた妻にも聞こえるボリュームだったようです。ベルトで固定しなきゃならんし、一般の化粧室に備えられたものより一回り小さいコンパクトなものですから、そりゃぁ気持ちよくはないでしょう。許せ、娘。

戻ってからミルクの時間。妻にお任せ、たっぷり時間をかけて140ml。
東京駅に到着してから、少々あたりを散策。


s-PXL_20210424_014126322

駅前にて。娘はぐっすりだしバーが邪魔して顔を隠す手間がないほどですが、記念すべき初の関東訪問。覚えてすらいないでしょうが、大きくなったら見せてやろう。
私も襟シャツが似合う体形に戻ってきましたねBMI22.0まであと17kg。


s-PXL_20210424_014335115

オリンピックも90日後(当時)に迫った東京駅前は閑散としております。決行されようが中止となろうが、この1枚はもしかしたら貴重なものになるかもしれません。
お土産店を横目に通り過ぎ、新幹線のホームへ戻ります。今回はICカード番号を事前に登録してのタッチ&ゴー乗車。ベビーカーを押してきっぷを通すのは非常に煩わしいので助かります。


s-PXL_20210424_015243883

で、やってまいりました。E3とE2の「つばさ・やまびこ」連結編成。
自由席はE2側に設定されていますので、そちらに向かいましょう。


s-PXL_20210424_015305328

E2もE3も私が物心ついた頃に運行開始した主力車両でしたが、今やE6・E7系への置き換えが進み、「つばさ」として走っているE3系後期型も将来的に新製車両E8系へ置き換えられる予定です。(人が多くて苦手だから)関東地方にはあまり足を向けない私はあと何回乗車できるでしょうか。

s-PXL_20210424_020147058

1号車の連結部付近に腰かけて、大宮までつかの間の新幹線移動。
東北新幹線区間を乗車するのは新婚旅行以来2回目です。

s-PXL_20210424_022522058

あっちゅうまに大宮到着。EVが工事で1基使用不能だったので少々歩きました。
下に降りて、大宮駅構内の「レイルヤード」にて鉄道グッズを物色。


s-PXL_20210424_025051821

「手ブレーキ使用中」「18Dコンテナ柄マグカップ」「東北新幹線+583はつかりクリアファイル」はこちらで買ってもらいました。貨物デザインの折コンテナも欲しかったんだけどな。ねだったところで持って帰るのがむちゃくそ大変そうなので今回はこれでかんべんしてy見送りました。


s-PXL_20210424_032127543

大宮駅からニューシャトル(ゴムタイヤ走行の側方案内軌条式鉄道)で1駅、鉄道博物館に到着です。さっそく娘のミルクの時間となったので授乳室を探すところからスタート。調乳設備とベンチが衝立の向こう側に設けられており誰でも使えるようになっていましたが、カーテンで仕切られた「授乳室」女性専用になっていました。まぁええかとベンチで授乳しましたが、思ったより飲んでくれない…

いったん切り上げて我々も昼食へ向かいます。娘はベビーカーに揺られてウトウト。


s-PXL_20210424_042521102

E1が外で静態展示されていました。初代MAXと言やこの形なのですが、そういえばこいつと僕は同い年(1994年運行開始)。もう27年、まだ27年か。新幹線はその走行距離と性能が高い分耐用年数も短いんですよね。今走っている車両たちも、娘が大人になるころには新しい車両に置き換えられてしまっているのでしょうか。

s-PXL_20210424_043700711

昼食はE5・E6の連結走行を横目に見ながら「ハチクマライス」。Twitterでも少々触れましたが、古典落語に登場する粗忽者「八五郎・熊五郎」でも簡単に作れる、という意味で名付けられたこのメニュー。食堂車が連結されていた長距離列車の全盛期に、列車乗務員の賄い飯として出されていたもので、大宮の鉄道博物館と京都鉄道博物館の両館で食べることが出来ます。
あくまで賄い飯なので特に決まった形はないようですが、目玉焼きが乗っているのが共通ぽい。実は私もよく知らないまま食べていました()

たまたま23日にハンバーグを焼いていたので、帰宅して翌日、25日には我が家オリジナルでハチクマ飯を作りました。白飯にハムと目玉焼きとハンバーグと千切りキャベツを乗せれば完成。簡単おいしいのでオススメです。

s-hachikuma

話を戻しましょう。
昼食を終えて再び授乳に戻りましたが、アプリ抽選でミニ列車運転に当選した私は、妻にミルクをお願いして体験に向かいました。おねだん210円。


s-PXL_20210424_054259716

車両はランダムで割り当てられ、今回はNEXが当たりました。列車はATCにより最高速度が制御されている本格仕様。九州鉄道記念館のミニ列車も確か同じシステムだったかな。


s-PXL_20210424_054108119

良い子の皆さんは携帯電話片手に運転しないように。

体験を終えて妻のもとへ戻り、時間も押していたので館内を足早に散策。またそのうち来られると割り切って、メジャーどころをおさえていきます。
朝に人身事故で遅延した時、関東出身の友人(私よりも音鉄・乗り鉄)に「あんまりゆっくり見られなそうだから何をおさえたらいいか教えてくれ」と聞いておいたので、その通りに回ります。

「まずはミニ列車・シミュレーターだな」 済。

「ナハネフは見ておくべき」

s-PXL_20210424_060219434

「それから、お前ならコキ50000型も好きだろ」←国鉄時代の主力貨車

s-PXL_20210424_052842462

「あとは…ムーミンと、」←EF55 1の愛称

s-PXL_20210424_060731499

「ラインカラーを水玉にあしらった103系かな」

s-PXL_20210424_053217548

国鉄鍛冶屋線・市原駅の展示車両を彷彿とさせる「どうしてこうなった」ラッピングですが、市原駅とは違ってちゃんと水玉には路線色があしらわれています。何よりここはキッズスペースですし、どんな形であれ現車が中身をそのままに保存されるのは歓迎されるべきことです。

ちなみに市原駅のキハ30静態車両がこちら。

地域住民に愛されているというのなら、これもまたアリ…アリなんでしょう。


友人のオススメを回ったらだいたいいい時間になりました。見たいものはだいたい見て回れたかなという感じです。全館見て回ろうと思ったら半日ずつ2日ほしい。
15時から転車台の回転実演って書いてあったのですがどうやら平日だけのようで。残念でした…
ミュージアムショップで20Dデザインのお弁当箱を買ってもらって帰路へつきます。


s-PXL_20210424_064548220

ニューシャトルは傾斜・曲線のきつい軌道を走行するので車体が非常にコンパクト。高架橋を新幹線と共用で走るので、(わかりにくいですが)右側にE7系新幹線が通り過ぎるのが見えています。

大宮駅からの帰りは念願のこのお方。

s-PXL_20210424_072834201

s-PXL_20210424_072911776
(東京駅で撮影)

E4系MAX「とき」!退役を今年に控えているので、最初で最後の乗車かも。
ベビーカーで乗り降りできるようFL席につきました。1階2階の景色も楽しんでみたいが、、、さすがに叶わなそう。

s-IMG_2171

トキ(東京)にて、トキと「とき」で記念撮影。(やかましいわ)


東京ではお土産と晩ごはんを買います。
といってもステイホームで誰かに渡すものもないので、自分と母親に買う分くらいなのですが。

s-PXL_20210425_061331044

自分用にはこれ。東京駅の「ギフトパレット」でしか買えない「ネコシェフ」の「ネコシェフバーガー」。チーズスイーツとは聞いていましたがチーズ好きにはたまらんお味でした。ちょっと物足りないような気もしますがそこはビジュアルでしっかりカバーしてくれています。

え、ビジュアル?美味かったんで撮るの忘れた。気になる方は東京で買ってみてくだせえ。


夕飯はこちら。
s-PXL_20210424_085045217
いや東京ならではのメシじゃないんかい。
仕方ないでしょ、たくさん動いて揚げ物が食べたかったの。
鹿児島の黒豚ロースかつ弁当。
s-PXL_20210424_085156923

付属のソースをかけても、肉みそをつけてもうまし。

s-PXL_20210424_110636082
(新大阪駅で撮影)

かえりは予定通りのN700S運用「のぞみ号」に乗車。

s-PXL_20210424_083150303
s-PXL_20210424_083209391

電光ではない、とっても見やすい案内表示。
そして間もなく運用が終了されるというこのお方も、新製ながらひっそりと出番を待っていました。

s-IMG_2174
s-IMG_2175

新幹線における列車公衆電話サービスの終了について - JR東海

あと1ヶ月少々のうちに撤去が始まるとのこと。
この先列車で旅行に行く予定はまだ立っていないので、もしかすると今回お目にかかったのが最後かもしれません。一度も使ったことないけど…


車内で娘のおむつを換えて、ひざの上に座らせてウトウトしながら新大阪へ。
新横浜あたりでは例のアイスを買って妻とはんぶんこしました。

s-PXL_20210424_090846778

思った通り濃厚なミルクアイスで、思ったよりもイチゴが濃厚でした。
そして想像以上にカチカチで最初は削ることすらできませんでした。東京発直後は固いってマジなんだな。

新大阪に着いてからはまっすぐ普通列車に乗り換えて、自宅最寄り駅までのんびり揺られました。今回はニューシャトルのSF利用も含め、すべてモバイルSuicaの利用で完結。事前に予約・設定してくれていた妻に感謝。なにより誕生日にこんな素敵な旅行をくれた妻に、感謝・感謝。またお出かけしようね。

s-PXL_20210424_032127543
2021.04.24 鉄道博物館にて

またまた、ご無沙汰しております。
最近更新間隔が開きがちですが、いよいよ飽きてしまったわけではありません。まとまって記事を書く時間を取ろうと思っても最近は眠気の方が勝ってしまって、投稿ボタンを押すまでいかないんですよね。
妻も最近疲れ気味なので食事の間隔が朝・夜だったものが昼・夜になりつつあり。私も妻に合わせて食事を摂るのでだいたいその間隔です…というのも、揃って食べたいという私のワガママというか、泊まり勤務の時に目指したポリシーというか、そんな感じです。娘に家族感覚を養ってもらうためにも、私たちが家族という意識を保つためにも、食事と入眠だけはできるだけ揃えておきたいんですよね。あくまで私のポリシーなので妻に強要はせず自然と合わせるよう心掛けておりますが。

さて、本日より緊急事態宣言が発令されておりますが、実効力は大したことないんじゃないかなぁと思っています。娘のミルクを終えてから寝かしつけて買い物に出ましたけれども、宣言対象の前からマンボウだかアンコウだかの対象となっている我が都市のスーパーも、たいして人の出は変わらないように見えました。むしろ休日だからか、それとも時短営業等のニュースリリースが出る前だったからか(結局通常通り24時間営業)、まとまった買い物をする多くの人で忙しそうでした。
緊急事態宣言・蔓延等防止重点措置のどちらも、言葉の重みのわりに実施がえらく遅いというか、話し合ってる間に一番抑え込むべきタイミングを逃してしまっている気がして正直うんざりしています。措置の実施には慎重、実施を検討すべき、検討、要請、要請をうけて国がまた検討、国が措置を週明けから実施。これだけでも何週間かかったかという感じですが、それもさらに措置中に緊急事態を出すべき、出すことを要請するか検討、国は慎重。ようやく要請することを検討して、要請。要請を受けて国がまた数日かけて検討し、23日にようやく25日から発出すると発表。いくつクッション置けば気が済むんですかっていうレベルで遅い。明後日から緊急事態、っていう響きがおもしろすぎるのもさておき、もちろん国民の私権に関わるから措置へ慎重になるのも理解はできますが、ならもっと早い段階で「感染再拡大したらどうするか」っていうことを話し合っておくべきでしょう。なぜ感染拡大が目に見えるまで話し合いを始めないのか、というところはいくら突っ込まれても直す気がなさそうです。
あとね、さっき報道番組見てましたけど若い子たちが「遊び収めじゃないけど、(今日友達と遊んでから)自粛しようかなって」みたいなこと言ってて、なんかもうどうしようもないなと思いました。お友達と街中で遊ぶこと、飯食って騒ぐことに限って言えば、我々は去年の3月からずっとやってるんですよ。自粛疲れがどうとか言いますけど、街中で集まって酒飲んで飯食って騒ぐことしか知らないから、もっとリスクの低い遊びに舵を切れないだけなのではないでしょうか。

こんなボヤきをするはずじゃなかったのにえらい長くなってしまった。もういいでしょ。
緊急事態になったとしても私はこれまで通りのことをするだけです。飛沫が悪いというのなら飛沫を飛ばさない、飛ばされる場所にいかない。帰ったらすぐシャワー浴びる。ここまで陽性判定も接触通知もなく1年間無事に乗り切ったのだから、同じことを続けていればリスクは低く抑えられるはずです。


*****


さて、ちょっとずつまとめていきましょう。
先日は久しぶりにうどんを食べに行きました。ご存じ「めりけんや」であります。妻は出産前に(今は亡き)梅三小路店で食べたのが最後なので、おおよそ5ヶ月ぶりとなります。

s-PXL_20210419_055332736

1回目。ぶっかけ冷(大)と野菜かき揚げ、ゲソ天。
大ってこんなにでかかったっけ?と思いながらも、朝飯ほとんど食べない状態で迎えた3時のうどんだったので、ペロリ。夕飯はあんまり食べられませんでしたが、消費カロリーも少ないのでまあヨシと。

s-PXL_20210422_065211329

2回目は私の誕生日にちょっと贅沢。とり天ぶっかけ(大)とナス天。
ディナー営業の始まる時間かつ人が激少だったので、とり天はちょっと時間がたってしまった感じ。ジューシーさは開店直後ほどありませんでしたが、しっかりと肉厚の天ぷらで冷めても美味しい。
あとナスの天ぷらっていいよね。これもトロトロで冷めても美味しくて、好き。
緊急事態宣言の発令でまた行きづらくなってしまったので、次回の訪問は未定です。

*****

帰って翌日、娘のベビーシートを調節しました。
これまで横向きで使っていたのですが、首すわりが完成したので、今度は腰がすわるまで後ろ向きのスタイルです。運転席の真後ろに設置しているので、これまでのように顔を確認してくそ変顔であやすことはできなくなりました。腰がすわるとシートを前向きにできるので、ほんの数週間の辛抱ですがね。

娘のシートが後ろ向きになることで、横向きからさらに空間が必要になりあした。旧規格のうちの軽はスペースを工夫しなければなりません。どうしても工夫で凌げない場所は、運転手の空間を詰めることになります。これまで足をのびのび使って運転していましたが、軽トラのようにほぼ垂直で足を上下させるスタイルになりました。アクセル・ブレーキはかかとを軸にして問題なく操作できますが、クラッチはどうしても踏み込むベクトルが変わってしまってまだ慣れません。シフトノブもやたら近くなったな…

s-PXL_20210423_053513985

わかりますかね?ヒザのあたりがチョンチョンです。ハンドルをもうちょっと上にあげることが出来たら楽なんだけど、00年式の軽自動車にそんな機能はありません。娘がちゃんとおすわりできるようになるまで、まことに少々のこと。まだこんなボロに乗らせてもらえてると思って耐えましょう。
(義父の車買ってやろうかコール、ビンボー薄給会社員としてはうれしいけど。MT車を手放すことに趣味人として反抗してしまう)
10万キロ超えて、タイミングベルトからミッションのガスケット貼り替えまで20万ちょっとの大改修を行っています。想定される故障を考えても、減価償却しようと思ったらあと5~6万キロは走ってほしいところ。昨年は毎日迎えに行って2万キロ弱だったので、今年はほとんど動かないとして、あと4年持ってくれればいいな。


*****


誕生日翌々日の24日、妻に「旅」をプレゼントされて大宮へ行ってきました。
緊急事態宣言前の駆け込みのようになってしまいましたが、旅程は1ヶ月前から計画してきっぷを押さえてあるので、駆け込みではなく「予定通りの決行」であったということは申し上げておきます。
授乳もあったのでずっと見ていられたわけではありませんが、なんとなく次回来るときはどこを見たいっていうのも考えながら、とりあえずはメインどころを押さえることができました。これについてはまた別の機会を設けて書いていこうと思います。
今日は旅程以外の部分を紹介します。妻に頂いたプレゼントとか。
「旅」の旅費もそうなのですが、現地でみつけた推しグッズ達を気前よく買って頂きました。妻は恥ずかしがり屋であまり感謝や労いを口にしないので、こういうところで急に優しさを見せられるとキュンキュンしちゃいますね。好き。一生ついていきます。

s-PXL_20210424_153012345

ひとつめ。「手ブレーキ使用中」の白抜きプレートと
コンテナブルー色18Dデザインのマグカップ。

s-PXL_20210424_153059031

それから、東北新幹線&583系「はつかり」。もともと関東とあまり縁がなくって西日本のそれほど興味もなかったのですが、こういう歴代モノなんかは大好きで。583は九州鉄道記念館・京都鉄道博物館にも静態展示されていて関わりが深いです。夜行列車が走っていた時代、こいつは全国の電化路線を駆け抜けていたんですね。

s-PXL_20210424_153209292

妻が発見し私が発狂したグッズ第一位がこれ。20Dのお弁当箱。
昨年妻が産休に入る前、仕事納めの日に赤飯でそれっぽい弁当をこしらえましたが




まさかの「箱」がそのデザインになった格好。そして箸箱はカチャカチャならない素敵仕様。「ほしか!!!」って言ったら買ってくれました。ありがとう。大事に使います。


まだまだ書くことたくさんあるんですが、明日体力があればまとめます。そのつもりで「①」を付したので、②なしに次の日記が始まるようなことがないように…がんばります。


*****

今日(昨日?)の話もしておきましょうか。てっぱくから帰ってきて翌日のこと。私も妻も娘も日が高く上るまで爆睡でした。私がいちばんに起き上がって行動開始。洗濯・授乳とオムツ換え・昼過ぎのメシ用意と買い物などを終えて妻が起床。悪い夢にうなされていたようで、私が買い物に出ていることも知らなかったらしい。「もう行ってきたよ?」って言ったらメチャ笑ってました。それだけ休息が取れたのなら旦那としてはホンモウです。もっとラクしていいんやぞ。

夕方からは妻がメインの動きに代わり、私はちょっと力を抜きながらコタツ布団を処分したり自室が掃除機をかけられるように動線づくりをしました(掃除機をかけるのは主に妻の仕事です)。
掃除機かけてもらってきれいになったタタミと、裸になったコタツ机を見ると、娘に合わせて暖房・加湿器を焚いていた部屋の季節感が、ようやく動き出した気がします。
とはいえまだ寒い朝がちょいちょいありますので、温度調節にブランケットや厚手のクッションを置いておきます。私と妻では体感温度が全然違うみたいだし…


明日は何をしようかしら。復職に向けた面談その①が中止・次回も未定ということになったので、会社からのヒアリングに備えて想定問答を作る必要がなくなった。撮りためたテレビ番組でも消化しますか~~


ご無沙汰しております。
2021年04月22日、わたくし27歳になりました。
ブログという世界を知って15年、間にSNSがガンガン入ってしまったので、実際にやっていたのはほんの数年でしたが…こんなにも形を変えずに「ブログ」としてサービスが残っていることに驚きです。

昨年この日には、妻のお腹にあたらしい命が宿っているらしいことを知りました。
(妊娠と診断&心拍確認されるのはもっと後の話です)
照れ隠しか、投げるように陽性判定の検査キットを渡してきた妻の顔を今でも懐かしく思い出します。どんなに悩んでも、身体が不調でも、あの時のことを思い出せば死ぬまで頑張れそうです。
あれから1年、娘は無事に生まれてすくすく育ち、相変わらずパパ授乳は嫌われがちですが…なんとかやっております。世の中は昨年と変わらずコロナだ緊急事態だと騒がれておりますが、今年ばかりは仕事もしておりませんので、どうか限りなく無縁であってほしい。出かけるたびにいろんなものを気にするのはもうウンザリなんですよね。どうか28の誕生日を迎えるまでに収束していることを願います。


*****


さて、久々に気持ちに余裕がなかったもので、しばらく更新をお休みしておりました。備忘録はかろうじてまとめ切ったものの、日々のことを思い出して書くほどの気力がなく…というのも、やっぱりパパ見知りなんですよね。妻に言われて気づきましたが、そういえば私は人見知りをする赤ちゃんを自分の妹以外にまったく見たことがないのです。丸26年生きていてこんなに大声で嫌がられたことのなかった私が悩むのも無理はないのかもしれません…
昨日は溜まってしまった思いを吐き出しながら、妻とどうすればいいのか打ち合わせて、授乳の際「パパ見知り」らしい動きでどうしようもないときは交代する、ということを改めて確認しました。
というのも、正直、せっかくミルク育児しているのに、そこに全く携われないというのは私からしても本意ではないのです。ただ、パパ見知りは娘の機嫌次第であろうことがわかってきて、時間を置く以外に手の打ちようがない時もしばしばあります。うまくいきそうなら粘りますが、どう頑張ってもダメなときはダメだと見切りをつけて交代したほうが、お互いの神経を削らずに済みそうなのです。

娘が生まれてから4ヶ月半、「産後うつ」とまではいかないものの、お互い伝えきれないブルーな気持ちを抱えていたことが分かって。昨日は少しだけ、少しだけですけど、妙にホッとしたのでした。自宅にこもってこれ以上削り合うことがないように、もっとたくさん育児の話(ざっくり)をしないとな、と改めて思いました。

熱くなった頭をクールダウンするために、妻に許しを得て定期の通院後は遠回り。
名古屋までバイクを走らせました。

s-PXL_20210421_041722656

以前妻と訪れ、娘の誕生後にひとり旅で食べに行った「なごめしカフェ トラッツィオーネナゴヤ」。コロナ影響か突然の閉店となり、隣接するぴよりんShopだけが盛況でした。

ぴよりんとは…昨年からの読者さんはご存じでしょう、これです。

4256dd2d.jpg

そのかわいいルックスに対し、運搬難度は決してかわいくない激ムズスイーツ。あまりの難しさにTwitterでは「#ぴよりんチャレンジ」というハッシュタグが流行るほど。

名古屋まで来ちゃったからには買って帰るしかないのですが(?)、今回はオートバイ。衝撃の少ないスクーターや、なんでも運べるカブならまだしも、空冷バーチカルツインの、振動がえげつないドコドコ大型MTバイク。果たしてこんなもので無事に帰れるのでしょうか。マックス〇リューと隣接するダ〇ソーでできる限りのクッションを考え、ビニール袋にくるんでゴム紐で縛り、即席装備。
(ちなみにさっきの「クリスマスぴよりん」は車で運搬した時のもの。無事に全羽生き残り、チャレンジ成功でした。)

s-PXL_20210421_044916959

さぁ頑張って帰りましょう!できるだけリーン・イン(バイクより内側に身体を傾けて曲がる運転技法)でのコーナリングを心がけ、段差や急加減速を極力避けて、後ろに妻を乗せていた頃よりもデリケートな運転で帰宅したのですが、帰って箱を開けると、そこには凄惨な光景が。

s-PXL_20210421_070323388

ああっ…

s-PXL_20210421_070723030

ああああっ…

s-PXL_20210421_070326588

くちばしと目が散乱しています。

流石にオートバイの振動と加減速のショックには耐えられなかったか。そりゃそうだな、普通に運転したって、しっかり掴まってないと転げ落ちるようなパワーだもの。
もちろん失敗覚悟の運搬だったのですが、まさかここまでとは。修復を試みたものの、悲壮感だけが漂うグロ画像になりました。

s-PXL_20210421_072924611

こっちの3羽は辛うじて顔の修復が叶ったもの(お土産として妻に献上…)
自分用の3羽は友人に「メイ●インアビスか?」とツッコまれた、なれ果ての姿

s-PXL_20210421_073956583

ここが地獄か

壊れても味は最高。今度は形を保って帰れる方法で運びます。ごめんね…


*****


もうひとつ日をさかのぼって20日。妻が産後の気持ちの整理をしている間に私と娘で外出を試みたものの、出かけた先の公園駐車場でミルクを飲ませようとして拒否。ギャン拒否。おなかは空いているはずなのに、機嫌が悪くて飲んでくれない。出先の調乳は1回量作ったらできるだけ飲ませてあげたい(お湯は1~2回量水筒にある分しか使えないので、廃棄すると次が作りづらくなる)のですが、どうしてもダメで。しかも、周囲にいた誰かさんが親切心で警察を呼んで退散してくれたおかげで、奮闘しているところにすわ虐待かと駆け付けたおまわりさんに水を差されて、結果気まずくなって駐車場を出るしかなく。「何してるんですか?」って聞かれてもな。ミルクの時間なのにパパイヤで飲んでくれなくてクソ頭抱えて悩んでんだよ。
幸いマザーリュックに常備してあるグッズや車に取り付けているベビーシートがあってすんなり疑いも晴れました。車検証も免許証も自分のものかと確認されてクソ気分が悪いし、その間娘はギャン泣きで「大変ですねー」なんて言いながら車の外に引っ張り出して事情聴取してくるしょかts ゴk ポリ お ま わ り さ ん に複雑な思いを持ちました。
世の中いろんな事件がありますし、乳幼児に対する男性加害率は確かに高いしで「通報するな」とは言いませんが、男性がひとりで育児に携わることについて、世間の目によって壁が作られてしまうのは悲しくもあります。そしてこれもまためでたいことに、画期的な対策や解決策はないのです。どうしようもねぇの。パパ見知りが終わるまで引きこもっているわけにもいきませんからね。根気強く向き合うべき課題かなと思います。しっかし、なんだ、こんなにわかりやすくシートがついてて、哺乳瓶もって、車のそこそこいる駐車場であやしながらミルクあげてんだから、通報すべき事案かどうかはもうちょっと考えて欲しいものです。そんなに怪しかったか。顔か、顔なのか。
結局この日は運転して寝かせるほかなく、ミルクは4時間で20mlしか口にしなかったものだから大急ぎで帰宅。これまで出先ではどうにか授乳はできていたのですが、うまくいかないこともある…ということを痛感した日でした。


今日のことも書こうと思ったのですが、まだまだやることがあるので明日にしますね。ほいでは。

このページのトップヘ