旅夫・鉄嫁・育休中

かえりの距離を考慮せずに旅に出る夫(27)鉄道大好き嫁(23)とVVVFに胎教された娘(5m)。 夫婦で1年間の育休を取得し、3人暮らしスタート!

2021年03月

「パパ見知り」なる言葉があるのをここ数日で初めて知りました。
どういうものかっちゅーと、早い話がパパを見て人見知りしちゃうこと。育児への参加機会が少ないパパがお世話をする時に、ベビーが嫌がって泣いてしまう…というのがざっくりしたお話なのですが、その背景にはパパが育児に非協力的だったり、仕事でどうしても顔を合わせる機会が少ない…などが考えられるようです。どっちも当てはまらんのですが。
まあパパ見知りというのも俗称ですから、どこまで正確に表現しているかは疑問の残るところではありますが(※)、「母親とそれ以外」の区別がつくようになってきた、母親のもとを離れたくない、と感じて、パパにお世話される時のいろんな感情を整理できずにギャン泣きで表現しているという、ベビーの成長の表れであります。
※生後2~3ヶ月頃に現れるこの時期をいわゆる「人見知り」と区別するために
「パパ見知り」とする説もあります


妻のお腹に命が宿ってからもう1年になります。私がそれを知るのは4月の自分の誕生日だったのですが、妻の言葉を借りれば、娘と妻は苦楽を共にした"戦友"なのです。
一方、父親はどうでしょうか。幸い我が家は気持ちの上では全力で寄り添っているものの、身体はへその緒でつながっているわけではなく、心労あれど起きられないほどでもなければ、急に食べられないものができたり、どうしようもなく眠くなったりするわけでもなく、自分の睡眠と関係なくお腹をボコボコ蹴られる不思議も直接体感することはありません。毎日逆子体操をして、寒い中換気を良くしながらお灸を燻すのも、基本は見ているだけです。
(こんなことをウッカリテレビで言うと切り取って批判されそうですが)生まれる前からずっと一緒にいる母親に勝とうなど、困難な話なのかもしれません。幸いなことに、娘は母の匂いにたっぷり包まれて育っていますから、「それ以外」の入り込む違和感はどうしても避けられないのでしょう。

とはいえ、とはいえね。12月7日にまだ胎脂ぺっとりの娘を抱き、里帰り中は週に数回ペースで会いに行き、1月16日からは1日も欠かすことなく一緒にいるのです。外回りや料理など目を離す作業は私がメインで行うので、その間のかかわりの多少は当然あるのですが…やっぱり泣かれるのはつらいです。
どうしてなのでしょう…早朝に起きてそんなことを考えていたのですが、そういえば泣いて暴れるときって、ほとんどミルクの時間なんですよね。それも昼間が多い。
単純に抱っこで泣いてしまうことはほとんどありませんし、一緒に遊んでいるときはキャッキャと笑ってくれます。
哺乳瓶の乳首が嫌だというのもあって妻の時も若干イヤイヤするのですが、私の時だけどうも泣き方が違う。もしかすると、ミルクを与えてくれる人のメインが妻だという認識をしているのかもしれません。私ももちろんミルクは与えるのですが、どうしても離れ作業が多く、完全に交替とはならんので…。
となると最早勝ち目はありません。パパ見知りの解決法はめげずに向き合ってこの時期を切り抜けることなのです。何ヶ月続くかわかりませんが、「ママともう一人お世話してくれる人とそれ以外」になるまで頑張るしかないわけですな。


いうわけで27日土曜日。妻と抱き方や揺らし方を試行錯誤しながらどうにかこうにかあさイチはうまくいきました。自然と肩が上がってしまうなどのクセにも気づきましたし、妻と腕の長さが異なるので、抱き方も全然違うということも改めて認識できました。
ところが昼間は再びギャン泣き。疲れて寝そうなタイミングで乳首を突っ込み、寝落ちするまで飲ませてなんとかクリア。
ここ数日耳鳴りと頭痛も一緒に闘うこととなり、頭痛薬と耳栓代わりのイヤホンがつよい味方。イヤホンは娘の異変を察知できなくなる可能性があるので、「音源側」の片耳だけ。それも耳への刺激を減らす目的なので、音楽を鳴らさずに突っ込むだけです。もちろんシャットアウトはできませんが、声がストレートに入ってこないだけでかなり楽になります。

日曜のあさイチまではよかったのですが…昼飲まそうとすると予防接種以上の泣き声でヒートアップしてしまい、こっちも抱き方を変えゲップをさせ、オムツを確認して、もう出番のなくなった「母乳実感」まで妻に持ってきてもらい、あれこれと1時間奮闘したのですが…収まるどころか過去最悪の状況に陥ってしまい、右耳がキンキン鳴りだしたところでギブアップ。
娘、圧勝。父、惨敗。




「代わろうか」





「……………かわってくれえ…」



これ以降は一緒におねんねしたり、笑わせてスキンシップをとってみたりと、授乳以外のところで娘と触れ合いました。お風呂上がりの仕上げはいつも通りだったのでほんとに授乳以外はいつも通りでした。
実はギャンギャン泣いている時に意地で世話をしたり、イライラを表に出すと敏感に察知してしまうため厳禁なんだとか。よって本日はグズって暴れ出したら交代してもらう、というやり方でトライしています。もう気長にふんばるしかねえ。

とはいえ明後日はワンオペですよ。無事に終えることができるのでしょうか。母親の顔が見えなければ頼る人間が自分だけになってうまくいくかもしれないという期待と、打つ手のなくなった時に頼る人がいないという不安とが入り混じっております。綱渡りでもいいから、トラブルなく終わってくれますように。



***********



台所のお話です。気分が滅入っていてもメシは作らにゃいかん。
むしろ食材と向き合う時間は貴重なリラクゼーションタイムかもしれません。あれこれ悩むのはなんだかんだ言って楽しいし、この楽しいと思っていられるのがあと何年続くかわかりません。今楽しいことは今やっとかないと、次を探すのはとっても大変ですよ。
何言ってるのかわかんないかもしれませんが、私もよくわかりません。


27日の朝は肉じゃがとイワシの残り。
ご飯もしっかり食べて少々カロリーオーバーだったので、昼間はお手製サラダチキンとゆで卵、生野菜どもを摂取して調節。
夜は久しぶりの焼きビーフンと、レタスと卵のコンソメスープ。

s-PXL_20210327_105109123

具材は豚、人参、ピーマン、キャベツ、きくらげ、エビ、しめじ、ちくわとたっぷりぎっしり。前回と同じくフライパンの蓋が閉まらんほどの野菜をぶっこみました。
まあ野菜だしいいでしょう。満腹で1日トータル1kgプラスでしたが、翌日のお通じがよかったのでオーライ。


28日の朝は久しぶりにパンを焼こうと思っていたのですが、起きたら8時半。
レンジ発酵の時短パンでささっとやっちまいましょう…と思っていたら、問題発生。

レシピの分量を1.5倍にしようと思っていたのに、粉量だけを1.5倍してしまっていたのです。
水分やバターは足せるがイーストは今更足せない…!!!
(レンジ発酵はイーストを粉に加える前にあらかじめ牛乳・砂糖と混ぜる「予備発酵」を行う)

しょうがない、温度を少し上げて発酵時間も長く取ろう…などと甘い考えでイースト以外の分量を調節し発酵させてはみたものの、中々ふくらまず。夏場であれば40分、冬でも1時間少々あればできるはずの時短パンは、焼き上がりまでたっぷり2時間かかってしまいました。
それでも発酵が甘くて焼き上がりも「とりあえずパンらしくはなったかな」の若干失敗作パンですが、妻は美味しいと思ってくれたらしく、ふたりで朝昼兼用におなかいっぱい食べてなくなりました。

時短パンの材料
強力粉300g
バター30g
塩5g
砂糖30g・牛乳180ml(A)
ドライイースト5~6g

(下準備)牛乳は40℃程度にあたため、バターは室温にもどしておく。
①Aを混ぜ合わせ、ドライイーストを振り入れてかきまぜ8~15分放置。
 泡立ってきたら予備発酵終了。
②強力粉に①を加え、手で混ぜ合わせてまとめていく。
 生地の端を折り返して掌でつぶす作業を繰り返す。
③塩・バターを加えてさらにこねる。こね作業はトータル150~200くらい。
④丸めて非金属の耐熱ボウルに入れ、600Wで35秒、15分ほど様子見。
 生地が2倍程度の大きさにふくらみ、指で押して生地が戻らなければ発酵完了。
⑤9等分して丸めなおし、15cm×15cmの型に並べる。
 くっつき防止の為、型には植物油を塗っておく。
⑥固く絞った濡れ布巾をかけて10分~20分程度休ませる。
 オーブンを200℃に予熱する。
⑦生地表面にも植物油を塗り、オーブンで焼く。
 焼成は8分~10分程度で様子を見ながら。型からはずして完成
s-PXL_20210329_084829009

植物油は塗らなくても焼けます。


夕食は6時ごろから牛すじを下ごしらえ開始。
一旦茹でこぼしてから、ショウガの千切りを加えて臭みを抜きます。
軽く湯通ししたこんにゃくを加えてグツグツ。
砂糖4、酒5、みりん5、田舎味噌100gを加えてさらに煮詰めたら完成。
盛りつけてネギを散らしましょう。

s-IMG_2073

大阪の郷土料理、どて煮(どて焼)です。
ホロホロでうま味の詰まった牛すじ、たまらん…!

他の料理も添えて、日曜はこんな感じで。


s-IMG_2071

冷凍ごはんがたまっていたので消化。
水菜は千切り昆布と輪切りの鷹の爪を混ぜ、塩をまぶして2時間漬け込み。
その間にホールトマトを鍋にあけ、水煮大豆と野菜どもをイン。
セロリ・人参・しめじ・キャベツを順に落として煮込めばスープの完成。
味付け香りづけは塩とバジルでシンプルに、お好みで粉チーズを添えて。



さて、時刻は19時ちょうど。
どて煮と水菜の浅漬けが余ってるから、今夜は味噌汁でも添えて片づけましょうかね。

こんばんは。今日は1日調子が上がりませんでした。
弱音を吐きます。いちいち書くのもどうかと思いましたが、これは休職中の記録なので、改ざんはしません。楽しいこともつらいことも、つぶさに書いてまとめておかなくては。


完ミ育児の娘氏、今のところ1回の調乳量は140~160mlを目標にして1日800ml以上を目指しているのですが、ここ数日は達成できず。おなかが空いていても哺乳瓶の乳首を嫌がっているのか、自分で哺乳瓶をうまく持てないストレスからか泣きやまないことが多く、特に私が抱くとオヤジに抱かれるのが単に嫌なのか、においや抱き心地が不快なのか、猛烈にヒートアップしてしまい、この1ヶ月の間は妻に交代してもらうことが多くありました。
今日も朝イチ140mlを調乳して飲ませていたのですが、60mlからは口に含んで全戻し、暴れてこぼし、飲み込んだと思ったらギャン泣きでおさまりつかず、ゲップをさせたり、体勢やオムツを換えてもダメだったので、一旦落ち着かせて寝かせることにしました。
(昼前に娘が起きてから、妻が改めて授乳してくれました)

もちろん、妻にまかせっきりで良くないことは分かっているし、31日のワンオペデーに向けて、もっとスムーズな授乳が出来ることが望ましいのは言うまでもありません。私だけでなく、妻も試行錯誤しながら心身疲れているのも当然です。しかし…しかし、私の方が先に疲れてしまい、今日の午前中は特に感情的になりがちだったことを、振り返りながら猛省しています。
朝食もとりあえず口にしてみたものの、すぐに全量戻してしまい、加えて耳鳴りと頭痛がやまず、食欲のわかないまま昼まで自室でぐったり(熱はナシ)。
わかってるんですよ。ワンオペだったら代わりが誰もいなくて、自分で全部やるしかないっていうことも。2人だからこんな我儘が許されているということも。全ママにバッシングされても言い訳できないですよ。今回に限らず、頭を冷やす時間を与えてくれた妻には感謝が尽きません。


昼間は外出。必要な買い物と、育休に伴って天引きされない住民税等の払い込み・会社に書類の写しを提出する為にコンビニ→郵便局をまわり、来る31日、妻の子育て休業日に使うきっぷを駅で買い求めて1時間少々で戻りました。
帰ってくると娘もニコニコ顔で迎えてくれたので、さっさと着替えてシャワーを浴び、若干戻った食欲をおやつで満たしてさあ授乳リトライじゃ…と思ったら、どうやらおやつの匂いが不快だったらしく、これまでにないレベルでギャン泣き。歯磨きの間に妻が授乳してくれました…娘よ妻よ、本当にすまない。


そのまま夕飯の用意をする時間になったので、次回も妻が授乳。1日任せっきりで申し訳なさを感じながら調理にとりかかりました。

後悔と反省の記録、ここまで。あとはメシの話です。

「新幹線変形ロボ・シンカリオンZ」の第1話先行生配信が始まる19時25分までには完成させて、見終わってからゆっくりご飯を食べるのが目標だったので、18時過ぎからぼちぼち調理に取り掛かりました。

本日の献立はこちらです。
s-PXL_20210326_113254154

・もち麦ごはん
・イワシの生姜煮
・肉じゃが
・菜の花とかぶらのみそ汁


本日の手順は時系列。
まずはダシ汁から。
①こんぶを30分水にさらし強火で加熱。
②沸騰直前に取り出して、沸騰したら火を止めてかつおぶしを入れます。
③軽くかき混ぜて3分放置。
④ほったらかしてる間にイワシの頭を手でちぎり、内臓を掻き出します。
 5尾程度ならため水ですすいで鍋に放り込むところまでやっちゃいましょう。

⑤いったん手を洗って、ダシ汁をザルと布巾でこしたらしばし放置。
 ザルの上のかつおぶしは別容器に入れ、後日炒ってふりかけにします。
⑥空になったザルの上でにんじん・じゃがいもの皮をむけばまとめてポイできますね。牛肉を炒めながらどちらも乱切りにして、ほんのりピンクが残っているぐらいのタイミングで鍋に加え、テカるまで炒めます。
⑦しょうが2かけを千切りにしてイワシの鍋にポイ。
 水100ml・酒30mlを加えて中火で加熱。
⑧肉じゃがの野菜がテカってきたら糸こんにゃく・うずら卵水煮を入れて軽く混ぜ、だし汁を加えたら砂糖→醤油・みりんを加え、落し蓋をして煮込みます。

⑨イワシの鍋は煮立ったら砂糖大さじ1・醤油大さじ2・みりん少々を加えて5~6分煮詰めたら完成。
s-PXL_20210326_113318655


⑩イワシをコンロから下ろして別の鍋を準備。肉じゃがに使って残っただし汁を中火にかけ、かぶらを加えて煮立てます。かぶらに火が通ったら菜の花を入れて30秒で火を止め、味噌を溶いて完成。
s-PXL_20210326_113258485


⑪肉じゃがはじゃがいも・にんじんに火が通ったら味を調えて完成。
s-PXL_20210326_113306090
盛り付けヘタなのは許して。

肉じゃがの火を止める直前には、しょうゆを少量振りかける「ふり醤油」をすると香りも豊かに仕上がります。しょっぱくならないように注意ですよ~
食欲も復活してきたので肉じゃがは小鉢2杯食べました。本日の摂取カロリー1600kcal(推定)。


しっかり体力つけて、また明日からがんばるぞっっ

こんばんは。
娘の前でフフヘヘっと笑うと、ウゥフフっと笑い返してくれるようになり、また今日も可愛さがアップデートされました。「お風呂」というワードも覚えたようで、おふろ!って声をかけて連れて行くとキャッキャしてくれます。お風呂大好きみたいでひじょーに嬉しいです。風呂上がりの鼻掃除もスムーズにさせてくれれば文句ナシなのですが、こればっかりは不快感を拭えないようで。

さて、今宵のネタは…
s-IMG_2064

一昨日に少々話題にしました「カロママ」の一部をご紹介。

学生時代、自炊と言えばパスタか丼物がメインで、他にレパートリーはそれなりにあったものの「(どうせ自分ひとりで作って食って片付けるので)面倒くさい」という思考からかなりいい加減な食生活を送っていました。コンビニバイトで出る廃棄食品や、今は亡きシ〇ックスの揚げ物+チャーハンがメインの賄いを恣に食べていたことも手伝って、4年間で25kgの贅肉を獲得。昨年7月の定期健康診断では採血検査に引っかかり、このままでは健康体の求められる次の職場に行かせてもらえないぞ…と深刻に考え、昨秋から食生活を改めるに至りました。
産業医の栄養指導を受けることも考えましたが、育児休業前だったので継続して受けることはできないし、何かいい方法はないかしら…と考えている時、お医者さんから雑談混じりに教えてもらったのがこのアプリでした。
(導入が最近になったのはぶっちゃけ話だけ聞いて面倒になり忘れていたからです)

朝昼夕+間食のメニューを手入力や写真で入力することで、AIが栄養バランスを分析してコメントをつけてくれます。不足している栄養素・過剰になっている糖質・脂質などを見ながら後々の献立を検討することができ、自分で1から100まで考えるよりバランスの良い食生活を送ることが可能です。

s-IMG_2063

↑ 本日の摂取栄養素
朝:サラダ(レタス・きゅうり・トマト・ブロッコリー・お手製サラダチキン)
昼:東洋水産ワンタン(しょうゆ)・ブロッコリー
夕:もち麦ごはん・水菜と豆腐のサラダ・レタスと豚の炒め物・白菜とあげの味噌汁・りんご他



体組成・運動・睡眠の質まで入力できるので、うまく活用すれば健康的な体作りを総合的にサポートしてくれる有能なアプリ。先日ちらっと触れましたがiOSは「ヘルスケア」とも連動して身体づくりを応援してくれます。ちっさいことでも褒めてくれて、調子が悪いと心配してくれるのでやる気が長く続きます。初期設定で通知がやたら多いのが玉に瑕・・・(設定いじくったらほしい通知だけもらえるようになりました)
あと市販物じゃないと入力できない食材がちょいちょいあったりして、食塩と脂質は実際より増減しがちです。まぁその辺は感覚を頼りに加減するとして…

ローソンの広告がデカデカとタイムラインに登場しますが、その分アプリの利用は無料なので、飽きるまで使ってみようかしら。


******


そういえば、昨日さぼってしまった洗い物とゴミ捨て。
朝8時半に起きて少々焦りましたが、なんとか間に合いました。木曜を逃すと次は月曜日なので、木金土日と4日分のゴミが溜まってしまうところでした…流石にゴミ箱におさまらん。
ひとりで生活していた12月の中旬頃は、全然料理しなかったのでゴミ出しも週一未満でよかったのですが…毎日何かしら考えて生ものを消費すると、自然と増えますね。
日中はゴロッゴロして日が暮れました。日が暮れてからはちょっと早めに調理開始。

s-IMG_2061

味噌汁はいりこだし・白菜と京あげ。
レタスの外葉は豚肉と炒めてレモン・塩こしょうであっさり味付け。脂身が多めだったので、油を使わなくてもいけました。
水菜は5cm幅に刻み、きゅうり・トマト・絹ごし豆腐と一緒に盛り付け。ごまドレッシングか、ポン酢がよく合いますね~。
余ったきゅうりは袋に入れてごま油・醤油・あらびきガーリックを混ぜて叩きました。デザートはリンゴを半分こ。食べすぎかっちゅうぐらいお腹膨れましたが、ほぼ野菜なのでヨシ。
フルグラがなくなったので明日は買い物に行かねば~

こんばんは。95日目が更けていきます。
育児休業前の有休消化から数えれば、既に職場を離れて100日以上が経過しました。提出書類がちょいちょいあるので月に1回程度は職場へ顔を出すのですが、行くたびにモノが増えたり減ったり、掲示物がガラッと変わっていたりして…コロナがどうとか人出がどうとかを除けば、変化がない職場だなあと思っていたのですが。それはきっと毎日顔を合わせる妻の髪がいつの間にかのびているように、職場も少しずつ変化していて、月に20日をそこで過ごしているから少しずつ変わっているということが実感としてわからなかっただけなんだろうなあ、と思います。
この1年間と少しの休みに毎日やることは尽きませんが、To doが単調になりすぎて毎日何したっけ、今日は何を発見したっけ、思い返して記録しておかないと、ちょっと時間が空いただけで2日前に何食べたっけ?と思い出せなくなることもしばしば。 認知症かな

***

娘は今日もミルクを飲んだり飲まなかったりだったのですが、飲むときは90ml以上集中してゴクゴク飲んでくれていました。ここ数日はどう飲まそうにもかなり初期段階で暴れてしまっていたので私の心もかなり参っていましたが、ちょっとだけ出口が見えたような気がします(まだまだですけどねー)
さっき寝かしつけ前の授乳をしたのですが、いつもよりかなり長い時間、両方のおててで哺乳瓶をホールドすることができて、それもまた新しい発見でした。まだ親の指を錯覚して握ったり、自分で手を放して泣き出したりしますけども、ちょっとずつ両手の扱いがうまくなってきているようでうれしいです。


朝食はフルグラが半端にのこっていたのでザラっとボウルにあけたのですが、標準量を少々超えてしまい糖質オーバーでした。ちょっと体を動かして昼夜で調整しようと思いたち、昼間は小走りで近所のスーパーへ買い物に。不足していた調味料と大葉を買って、帰りはのんびり歩き。スマホをもって歩く量が普段百数十歩だったのに対し、本日は1,228歩でした。何もしないよりゃマシ程度。
昼食はおやつ程度にそうめんを茹でて小腹を満たします。
夕飯は「麦ライス」氏のポキ丼を作ってみました。クッ○パッドのレシピは大部分を信用していない私ですが、麦ライス氏と白ごはん.comはたいへんに役立てております。



真似して作ってみたのがこちら。


s-PXL_20210324_102531982


マグロはメバチマグロを使いました。ふたりで300g!贅沢~
アボカドもちょうどいい熟れ具合でトロットロ!しその香りが食欲をそそりますね~
あとは隣に蒸しブロッコリーとセロリ・トマト・きゅうり・レタスをちぎって刻んだサラダを山盛り添えて完成。身体を動かした分、山盛り野菜もペロリといけちゃいました。汁ものも添えたろかと思いましたが、やっぱり胃袋がそこまで空かなかった。


夜は高校時代一緒にクラリネットを吹いていた仲間と久しぶりにやり取りしました。遂に3年の時1年生だった後輩が国試に合格して社会人になるとのことで、盛り上がって少々夢中になってしまいました。まだ洗い物とゴミ集めがまだ終わってませんので、明日起きたらとっととやることにします。それでは今日はこの辺で…

おはようございます。20Dの鳩( @1207NRT )です。
初めての方は、はじめまして。

お察しの方もおられるとは思いますが、ブログをお引越ししました。…といってもライブドア同士での引っ越しなので、記事はそのまま持ってきています。育児休業前の投稿についてはパスワードをかけたまま旧ブログに置き去りとなります。※記事は残してあります

当たり障りのない記事だけをお引越ししたので、こちらでパスワードによる閲覧制限は当面の間行わないつもりです。今後ともよろしくお願いいたします。

********
20Dの鳩

このページのトップヘ